『ビーストテイマー 最強種』カナデ・タニア・ソラ・ルナ・ニーナ!

オリジナル漫画

『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』は、原作:深山鈴(みやますず)さん、漫画:茂村モト(しげむらモト)さんによる作品です。漫画に登場する「最強種」カナデ・タニア・ソラ・ルナ・ニーナについて、詳しく紹介しています

ビーストテイマー 最強種

『ビーストテイマー』最強種について紹介していきます

まずはじめに、『勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う』
は、『ビーストテイマー』として紹介していきます。

「最強種」とは?

『ビーストテイマー』漫画に登場する「最強種」。最強種:規格外の力を持つ存在。
「竜族」・「精霊族」・「神族」と数多の最強種が存在するが、その中で一際珍しいのが

「猫霊族」である。

また、『ビーストテイマー』では、次のような「最強種」が登場しています。
①猫霊族:カナデ、②竜族:タニア、③精霊族:ソラ・ルナ、④神族:ニーナ

この後、①~④の「最強種」について、詳しく紹介していきます。



ビーストテイマー カナデ

『ビーストテイマー』漫画に登場する「カナデ」について紹介していきます

登場人物(キャラクター):カナデ

「最強種」の中で一番珍しい猫霊族。
猫霊族:魔法が使えない分、極限まで身体能力が進化した種族。
「最強種」として一番初めに登場する人物(キャラクター)で、「猫霊族」の女の子。

Dランクの魔物「キラータイガー」に遭遇し、
「カナデ」の悲鳴を聞いたビーストテイマー「レイン・シュラウド」が駆けつける。

「カナデ」は、「レイン・シュラウド」がキラータイガーの気を引いているうちに「最後の力」
を振り絞ってキラータイガーに一撃を入れ、を見事に倒します。

キラータイガーを倒すと、「もう限界…だよぉ…」といい倒れてしまう。
「怪我をしているのか⁉」と心配する「レイン・シュラウド」だったが、実はおなかがすいて
いるだけだった…。

「カナデ」は、「レイン・シュラウド」がビーストテイマーの才能がとびきり優れていると
感じ、「私を使役してみる?」と伝える。カナデの予想は当たり、「レイン・シュラウド」
との契約が成立する。

晴れて冒険者となった「レイン・シュラウド」と共に、行動することにします。



ビーストテイマー タニア

『ビーストテイマー』に登場する「タニア」について紹介していきます

登場人物(キャラクター):タニア

「最強種」竜族の女の子。
ストライドブリッジで特訓をしている。
ストライドブリッジ:ホライズンの街がある中央大陸と南大陸を繋ぐ巨大な橋。

「タニア」は、強い奴を探すために「ストライドブリッジ」にきていた。
ギルドの依頼で見に来た「レイン・シュラウド」と「カナデ」を見つけると、ドラゴンの姿から
人の姿に変身し、
「あたしと勝負しなさい!!」と声をかけます。

「タニア」VS「レイン・シュラウド」と「カナデ」、2対1でと戦いが始まりますが、
「レイン・シュラウド」の作戦により負けを認め、降参する。

「タニア」は、レイン達と一緒にいた方が修行になりそうとついて行くことを決め、
「あたしとも契約して?」と「レイン・シュラウド」にお願いし、契約をする。

「カナデ」に続き、2人目の契約が完了し、レイン達と共に行動します。



ビーストテイマー ソラ

『ビーストテイマー』に登場する「ソラ」について紹介していきます

登場人物(キャラクター):ソラ

「最強種」精霊族の女の子。
「ソラ」には双子の妹「ルナ」がいる。性格は違うが仲はいい。

「迷いの森」の結界は「ソラ」と「ルナ」の二人で管理していた。
ある日、ソラたちは結界の外に出てしまった。すると、魔王軍を名乗る魔物「シャドウナイト」
が現れ、「ルナ」が捕まってしまった…

「シャドウナイト」は、ルナを助けたければ結界を解除するよう命じる。
「ソラ」だけではどうすることも出来ず「里の長」に助けを求めにいったが、「ルナ」を諦める
よう言われてしまった…。

精霊族の全ての命と妹一人の命…どちらを取るべきかはわかっているが、
それでも「ソラ」は「ルナ」を諦めることができなかった…。

「迷いの森」で出会った「レイン・シュラウド」に相談すると、
「レイン・シュラウド」・「カナデ」・「タニア」の3人で救出に向かい、
「ルナ」は無事に戻ってくる。

「ソラ」は、「ルナ」を見捨てようとした仲間たちとは今は一緒にいられないと、「迷いの森」
をでることを決意し、「レイン・シュラウド」の力になりたいと「契約」をする。

「タニア」に続き、3人目の契約が完了し、レイン達と共に行動します。



ビーストテイマー ルナ

『ビーストテイマー』に登場する「ルナ」について紹介していきます

登場人物(キャラクター):ルナ

「最強種」精霊族の女の子。
「ルナ」には双子の姉「ソラ」がいる。性格は違うが仲はいい。

「迷いの森」の結界は「ソラ」と「ルナ」の二人で管理していたが、ある日ルナたちは結界の
外に出ていた。その先で魔王軍を名乗る「シャドウナイト」に出会い、やむを得ず応戦したが
捕まってしまった。

「レイン・シュラウド」たちのおかげで「ルナ」は助けてもらう。

「ソラ」が「ルナ」を見捨てようとした仲間たちとは今は一緒にいられないと思っているため、
「レイン・シュラウド」の力になりたいと「契約」をする。

「ソラ」と同じく3人目(人数としては4人目)の契約が完了し、レイン達と共に行動します。



ビーストテイマー ニーナ

『ビーストテイマー』に登場する「ニーナ」について紹介していきます

登場人物(キャラクター):ニーナ

「最強種」神族の女の子。
神族:猫霊族と近い関係にある「最強種」。

山奥の小さな村で村の人達に祀られていた「ニーナ」。
村の人達に大事にされながら、毎日楽しくのんびり過ごしていたある日、ホライズンを治める
領主の息子「エドガー・フロムウェア」がやって来る。

エドガーは「最強種」を探していて、痛い目にあいたくなかったらついてくるよう言われたが、
「ニーナ」が断ると、「この村人達の命はない」といわれてしまい、言うことを聞くしかなかった…。そして、領主の館の牢に閉じ込められてしまった…。

ニーナの首には「奴隷用のマジックアイテム」が付いていたが、
「レイン・シュラウド」の魔法のおかげで首輪が外れ、助けてもらう。



ビーストテイマー 最後に

ここまで【ビーストテイマー 最強種】、【ビーストテイマー カナデ】
【ビーストテイマー タニア】、【ビーストテイマー ソラ】
【ビーストテイマー ルナ】、【ビーストテイマー ニーナ】
と紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

『ビーストテイマー』漫画に登場する人物「最強種」について、詳しく紹介しました。
また、『ビーストテイマー』は「2022年10月」にアニメ化されている人気の作品です。
まだ読んだことのない人や興味ある人は、ぜひ読んでみてください。

そして、『ビーストテイマー』は他にも記事を書いています。
この後【関連記事】として紹介していきますので、興味ある人は覗いてみてください

単行本【関連記事】
『ビーストテイマー』1巻 『ビーストテイマー』2巻
『ビーストテイマー』3巻 『ビーストテイマー』4巻
『ビーストテイマー』5巻 『ビーストテイマー』6巻
『ビーストテイマー』7巻 『ビーストテイマー』8巻
【関連記事】
原作小説(書籍)と漫画(コミック)のシリーズ累計【2020年】・【2021年】
【2022年】・【2023年】・まとめについて、詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
【関連記事】
作品を無料で読むにはどれがいいのか、個人調べによる内容を元に詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
【関連記事】
本作の主人公である「レイン・シュラウド」と「追放」について、詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
【関連記事】
漫画の休載・休載理由、連載再開について詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
【関連記事】
漫画の打ち切りについて、Twitterや記事、休載などの情報を元に詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』



アニメ【関連記事】
アニメ化決定やアニメがいつからなのか
放送やアニメキャストについて詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメに登場する「キャラクター」や、アニメの「キャストコメント」について
詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメのOP&EDとコメント、アニメキャスト(声優)について詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメがいつからなのか、初回放送と配信について、詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメ放送局と放送日、配信と配信日、放送と配信時間について詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメの放送・配信日程について、詳しく紹介しています
『ビーストテイマー』
アニメ【関連記事】
アニメが何話までなのか、最終回について、話数とサブタイトルについて紹介しています
『ビーストテイマー』



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました